理想的な経営分析で経営環境を簡単に整備

これまで会社の経営に関わる会計業務に関しては、外部に情報が漏れてはならないということから経理担当者が自宅に仕事を持ち込むということを禁止している企業がほとんどでした。

しかし、コロナ禍においてリモートワークを導入している企業も増えてきており、あらゆるクラウドシステムがベンダーから提供されています。

そこで今回は、様々な会計ソフトの中から理想的な経営環境を作るサポートをする「クラウド発展会計」の特徴や導入メリットを解説していきます。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

クラウド発展会計とは?


クラウド発展会計とは、経理業務の経営分析と効率化を行って、理想的な経営環境を実現するために作られたクラウド型の会計システムです。

支払管理や入力効率・伝票承認など様々な業務効率機能が搭載されており、決算書作成までの会計業務をスムーズに行うことが可能です。

さらに、部門別管理機能や月次リポート、そして会計データと連動しされている決算診断報告書などの管理部門をサポートしたり、経営課題を明確にしたりする機能なども搭載しています。

クラウド発展会計の3つの特徴

  • ・データの自動入力で経理業務の合理化を実現
  • ・経営管理に必要な資料を経理データから自動作成
  • ・全国1,400件の会計事務所が利用で豊富な実績

クラウド発展会計には上記の3つの特徴があります。

それぞれの特徴を詳しく解説しますので参考にしてください。

データの自動入力で経理業務の合理化を実現

クラウド発展会計は経営分析も自動的に行うので、経営担当者の負担が大幅に減ります。

毎月の定型仕訳だけでなく、複数拠点での分散入力や入力者の簿記知識に合わせた入力画面などの効率化をサポートしてくれるだけでなく、ネットバンキングのデータを自動で取り込みもできる便利なツールです。

OCR機能が搭載されているため、レシートや通帳などの紙データを取り込むこともできます。

入力作業を自動化することで人為的なミスの防止にもなるでしょう。

診断機能とレポート機能で経営状況を分析

クラウド発展会計は、経営状況を把握し分析していく資料の作成から計画立案まで簡単に実行することができます

決算書作成や財務データ作成機能が搭載されているだけでなく、予算登録機能による予実管理や月次レポート・部門別管理機能による業績管理・決算診断報告書・納税予測・年度利益計画機能や経営戦略診断といった、計画や診断作成機能も搭載されています。

全国1,400件の会計事務所が利用で豊富な実績

クラウド発展会計は、全国に1,400社の会計事務所で導入されているクラウドツールです。

会計処理に関するシステム設計はもちろん、コンサルティングにも利用することができるため、税理士や会計事務所でも評価されています。

様々な会社をサポートする会計事務所の紹介も行っていて、会社の経営発展を全面的にサポートするツールです。

クラウド発展会計を導入する3つのメリット

  • ・リモートワークでも使用可能
  • ・経理担当の負担が削減される
  • ・低額料金や使用期間がある

クラウド発展会計のメリットは主に上記の3つになります。

次に、それぞれのメリットについて具体的に解説していきます。

リモートワークでも使用可能

クラウド発展会計はクラウド上で会計業務に関するデータを管理するため、リモートワークであっても利用することができます。

コロナ禍ということもあり多くの企業がリモートワークを導入しつつある現在、在宅で仕事をしたり別の地域で仕事をしたりする方々でもオフィスに出勤せずに利用することができるので、働き方改革とともに離職率の低下にもつながるでしょう。

経理担当の負担が削減される

クラウド発展会計にはOCR機能が搭載されているので、通帳やレシートなど紙データの取り込みを自動的に行うことができ手入力の必要がありません

また、経理状況を把握するための分析と資料作成もクラウド発展会計ツールで行えるので、経理担当者の負担が大幅に削減できます。

低額料金や使用期間がある

クラウド発展会計ツールは無料トライアルが用意されているため、初めて会計ソフトを利用する方でも気軽に操作性などを確かめることが可能です。

また、本格的に導入する際には、リーズナブルな価格のプランもあるので利用しやすいでしょう。

クラウド発展会計の評判


クラウド発展会計を利用している方の口コミや評判を調査したところ、システムに関する高度な知識がなくても簡単に操作できたり、経理業務の手間を大幅にカットできたりするという声が多くみられました。

これから、実際にクラウド発展会計を導入している方々の評判や導入する際の注意点をご紹介します。

手入力の手間が省ける

クラウド発展会計ツールを導入すると、ネットバンキングの取引明細などを自動的に読み込むため、短時間で仕分け入力が完了します。

人為的な入力ミスなども大幅に減るので、ミスを修正する時間もなくなり会計業務をスムーズに的確に行うことができます。

経理担当者の手間がカットされることで、他の業務集中できるでしょう。

利用する際の注意点

クラウド発展会計はクラウド上で会計データを管理できるツールなので、インターネット環境とパソコンなどのデバイスさえあれば、どこでもいつでも誰でも作業をすることが可能です。

ただし、インターネット環境が遮断された場合には、復旧するまで経理業務が一時的にストップしてしまうという難点もあるので注意してください。

クラウド発展会計の料金プラン


クラウド発展会計の価格設定は、以下の通りになります。

従業員が5人以下で資本金が1,000万円以下の零細企業であれば5,000円、中小企業であれば10,000円の有料プランがおすすめです。

無料トライアルが用意されているので、操作性を確かめるためにまずはお試しで利用してみてはいかがでしょうか。

料金/他
初期費用 0円
月額料金 5,000〜10,000円
無料トライアル あり

まとめ

働き方改革や新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨される世の中になり、多くの企業でクラウド型のツールを導入し始めています。

しかし、会社の経営に関わる会計業務については外部に情報が漏れる恐れもあることから、経理担当者だけはオフィスに出勤している企業もあるようです。

クラウド発展会計ツールを導入すれば、強固なセキュリティで外部からの攻撃から大切な情報を守ることができます。

また、価格設定もリーズナブルなので、大企業はもちろん零細企業や中小企業でも気軽に導入しやすいでしょう。

まずは、クラウド発展会計の無料トライアルを利用して、操作性や機能性を試してみるのがおすすめです。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳