モビリティ業務の最適化が図れる!車両管理に役立つクラウドサービスが登場

「車両管理業務の負担が大きい」
「全車両の現在位置を把握したい」
「事故率が高くて悩んでいる……」

配送業務に関して、上記のような悩みを抱えている企業は少なくありません。車両管理業務の効率を向上するためには、車両管理を最適化するシステムの導入が必要です。

そこで、モビリティ業務の効率アップが図れるとして注目を集めているのが「Cariot(キャリオット)」です。

今回は、Cariot(キャリオット)の特徴やメリットを解説するとともに、ユーザー企業からの評判についてもご紹介します。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

Cariot(キャリオット)とは?


Cariot(キャリオット)は、株式会社フレクトが提供している動態管理・車両管理サービスです。

インターネット環境があればどこでも使用可能で、在宅勤務などのリモートワークにも対応しています。

業務の効率化だけでなく、危険運転を自動で感知して管理者に通知する機能も備えているので、安全運転の指導にも役立ちます。

株式会社フレクトとは?

Cariot(キャリオット)を提供している株式会社フレクトは、2005年に設立された東京都千代田区の企業です。

世界シェアNo.1を誇る顧客関係管理システム「Salesforce(セールスフォ-ス)」の導入支援や運用サービスなども行っています。

ITに関連する専門技術やノウハウを活かしてソフトウェアの開発を行っており、Cariot(キャリオット)は多機能で使いやすいサービスとして幅広い支持を得ています。

Cariot(キャリオット)の4つの特徴


Cariot(キャリオット)の特徴は、以下の4つです。

・リアルタイムでの位置情報取得が可能
・運転日報や月報を自動作成
・走行データの蓄積や分析ができる
・カスタマイズ性が高い

リアルタイムでの位置情報取得が可能

Cariot(キャリオット)には「エリアマップ機能」が搭載されており、車両の位置情報をリアルタイムで表示できます。

専用のモバイルアプリにはメッセージ機能も付いているため、ドライバーに配送ルートの変更を指示するなどの臨機応変な対応が行えます。

運転日報や月報を自動作成

Cariot(キャリオット)には運転日報・月報の自動作成機能が搭載されています。

走行時間や走行距離も自動で集計してくれるため、項目をひとつずつ確認してレポートを作成する手間を大幅に削減することができます。

走行データの蓄積や分析ができる

走行履歴や走行データを蓄積して、各ドライバーの運転傾向の把握や評価が行えます。

走行履歴を確認することで「ムダな走行をしていないか」や「長時間滞在している箇所がないか」をチェックできるため、問題点を改善して業務の効率アップを図れます。

AIが走行データを分析して配送ルートを最適化する機能も備えており、ドライバーによって差が出る配送効率を平準化したい企業におすすめです。

カスタマイズ性が高い

Cariot(キャリオット)のダッシュボードは、自由にカスタマイズすることができます。

業務に必要な情報を簡単に取得できるように、自社の作業環境に合わせてダッシュボードのレイアウトを変更できます。また、必要なデータをグラフ化して一画面にまとめて表示することも可能です。

Cariot(キャリオット)の導入がもたらす3つのメリット


Cariot(キャリオット)を導入することで得られるメリットは、以下の3つです。

・効率的な配送ルートの構築が可能
・到着予想時刻や遅延情報を自動通知
・適切な安全運転の指導が行える

効率的な配送ルートの構築が可能

Cariot(キャリオット)を導入すると、走行データをもとにした効率的な配送ルートを構築できます。

効率の良い配送ルートを構築すれば業務時間の削減につながるため、ドライバーの残業を減らすことができます。

到着予想時刻や遅延情報を自動通知

Cariot(キャリオット)には到着・出発通知を自動送信する機能が搭載されているため、ドライバーから逐一連絡をもらわなくても業務進捗状況が把握できます。

さらに配送計画上の到着予定時刻と到着・出発通知を照合する機能も備えており、走行中の車両の到着予定時刻から遅延状況を検知して、あらかじめ登録した部署や店舗などに通知することが可能です。

適切な安全運転の指導が行える

Cariot(キャリオット)には危険運転の検知機能が備わっており、「急加速・急減速」「急ハンドル」「速度超過」などの危険運転に関わる状況を自動的に検知して、管理者に通知を送信することができます。

事故防止につながるだけでなく、適切な安全運転の指導や人事評価にも活用できます。

Cariot(キャリオット)の評判


続いて、Cariot(キャリオット)を利用している企業からの評判を「評価されているポイント」と「利用する際の注意点」に分けてご紹介しますので、参考にしてください。

評価されているポイント

・車両の運行管理が楽になった
・導入が簡単
・サポートが手厚い

「車両の運行管理が楽になった」という声や「導入が簡単」という声に並んで、「サポートが手厚い」点を評価する声も寄せられていました。

Cariot(キャリオット)は導入後も丁寧なサポートを受けられるため、初めて車両管理システムを導入する企業でも安心して利用できます。

利用する際の注意点

Cariot(キャリオット)を利用する際の注意点として「車載デバイスの種類が多い」ことや「取り付けがやや難しい」ことが挙げられていました。

自社で取り付け作業を行うのが難しい場合は導入サポートを依頼する必要があるので、サポート費用も含めて予算を準備しておくと良いでしょう。

Cariot(キャリオット)の料金プラン

初期費用 月額料金 主な機能 無料トライアル
0円 要問い合わせ ・エリアマップ
・車両予約
・予約管理
・到着予測
・遅延検知
・到着/出発通知
・日報/月報
・危険運転通知
・DriveCast

 

Cariot(キャリオット)の料金プランは非公開となっています。

デバイスの購入台数やライセンスの登録者数によって料金が異なるため、導入を検討している事業者は公式サイトに問い合わせを行ってみましょう。

まとめ


Cariot(キャリオット)は、危険運転の自動検知機能や遅延情報の通知機能が便利な車両管理システムです。

自動レポート作成機能も付いているため、ドライバーの業務負担を削減する効果も期待できます。

リモートワークにも対応しているので、車両管理システムの導入を検討している事業者は、Cariot(キャリオット)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳