チャット形式の連絡ツールを導入する企業が急増中

「社内の連絡手段にメールを使っているけど、外回りから戻って確認するのが面倒」、「チャットツールを導入したいけど、どれが良いかわからない」と、お悩みの企業は多いのではないでしょうか。

働き方改革やリモートワークの普及が進んだ影響を受け、近年は様々な社内連絡ツールが登場しています。数ある社内連絡ツールの中でも国内で300,000社以上の企業に導入されて注目を集めているのが「Chatwork」です。

今回は、Chatworkのメリットや料金プランを解説するので、社内連絡ツールの導入を検討している事業者は参考にしてみてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

Chatworkとは?


Chatworkは、Chatwork株式会社が提供しているチャット形式の連絡ツールです。

無料で使い続けられるフリープランが用意されており、個人ユーザー同士であれば無制限にコンタクト登録ができるため、個人用連絡ツールとしても幅広く利用されています。

ビデオ・音声通話などの豊富な機能を備えており、パソコンだけでなくスマートフォン・アプリでも利用可能です。

社内連絡に使えるだけでなく、IDを伝えることで取引き先企業と連絡を取ることもできます。大企業はもちろん、小規模事業主でも使いやすいチャットツールといえるでしょう。

Chatwork株式会社とは?

Chatworkは魅力的な連絡ツールですが、サービスを提供している会社のことがわからないと安心して利用できないという事業者も多いのではないでしょうか。

Chatworkを提供しているのは大阪に本社がある「Chatwork株式会社」です。2004年に設立したChatwork株式会社は、東京や台湾にもオフィスがあるビジネス支援ツール開発企業です。

ビジネスチャットツール以外にも助成金診断サービスや電話代行サービス・資金調達サービスなどの幅広い分野で事業を展開しています。

Chatworkの導入メリット


Chatworkを導入することで得られるメリットは、以下の5つです。

個別・グループの連絡がスムーズ

Chatworkの導入メリットとして第一に挙げられるのは、個別やグループの連絡がスムーズにできることです。

任意に作成したチャットグループに、部署や特定のプロジェクトに関わるユーザーのIDを登録して自由に連絡を取り合うことができます。

社内の連絡ツールとして利用できるだけでなく、取引き先や社外のビジネスパートナーをグループに登録して連絡を行うことも可能です。

タスク機能で作業漏れを予防

Chatworkにはタスク機能が搭載されています。タスク機能はサイドバーに設置されており、担当者や期日などの細かい設定が可能です。

タスクが完了したら「完了ボタン」を押すと、グループ全体に作業の完了を知らせることができます。

グループのメンバーに仕事を依頼する時は、任意のメンバーを担当者に設定してタスクを作成できます。

「タスク管理機能」を使うと全タスクのステータスを確認できるので、期日が近い未完了タスクのチェックが可能です。

直感的な操作が可能

Chatworkは操作画面がシンプルで使いやすいため、直感的な操作ができます。

例えば、投稿したメッセージをそのままタスクに設定したい時は、タスク化したい文章をマウスでドラッグすると引用メニューが表示されます。

画像やファイルを共有したい場合は、任意のフォルダから画像やファイルをドラッグ&ドロップするだけでメッセージに添付可能です。

パソコンが苦手な人でも簡単に扱うことができるので、従業員が多い大企業でも導入しやすいツールといえるでしょう。

ミーティングにも使えるビデオ通話機能

Chatworkはチャット形式で連絡を取れるだけでなく、ビデオ通話もできます。

近年では働き方改革の影響でリモートワークが推奨されており、在宅の従業員たちとビデオ通話をしながら仕事を進める企業が増えています。

ビデオ通話はフリープランでも利用できるため、これからリモートワークを取り入れたいと考えている企業は試用してから導入の是非を判断すると良いでしょう。

メッセージの着信を知らせる通知機能

Chatworkには、パソコン版とやアプリ版の両方に通知機能が搭載されています。

通知が届いた時にポップアップで知らせるだけでなく、サウンドのON/OFFやボリュームの調節も可能です。

未読通知がある場合はメールで知らせてくれる機能もあるので、通知の確認忘れを防ぐことができます。

Chatwork(チャットワーク)の評判

ここからは、Chatworkを利用しているユーザー企業の声をご紹介します。

良い評判

良い点として挙げられているのは、「操作しやすいUI(ユーザー・インターフェイス)」と「タスク機能」です。

画像や作業ファイルの送受信もできるため、「フリープランでも十分満足できる」という声が多いです。

良くない評判

良くない点として挙げられているのは、「初期設定のままだと通知が届かない」ことです。

特に、スマートフォン・アプリ版で「通知が届かない」という声が寄せられています。Chatworkを利用する時は、未読チャットの通知設定をしっかり確認しておきましょう。

Chatwork(チャットワーク)の料金プラン

プラン名 フリー ビジネス エンタープライズ
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 0円 600円/1ユーザー
※年間契約で500円
960円/1ユーザー
※年間契約で800円
主な機能 ・累計14グループ作成可能
・1体1のビデオ通話
・1体1の音声通話
・5GBストレージ
・グループチャット無制限
・複数人でのビデオ通話
・複数人での音声通話
・10GBストレージ/1ユーザー
・広告非表示
・ユーザー管理
・グループチャット無制限
・複数人でのビデオ通話
・複数人での音声通話
・10GBストレージ/1ユーザー
・広告非表示
・ユーザー管理
・専用URL機能
・IP・モバイル端末制限
・ファイル送受信制限
・外部SNS制限
・チャットログ・エクスポート

 

Chatworkは無料で利用できますが、グループを多数登録したい場合は有料プランを利用する必要があります。

Chatworkの料金は無料で利用できる「フリープラン」以外にも、「ビジネスプラン」や「エンタープライズプラン」があり、料金や利用できる機能が異なります。グループチャットの登録数や必要な機能を考慮してプランを選定しましょう。

有料プランでも1ヵ月間のトライアルが利用できるので、試してみてから導入を判断するのも良いでしょう。

まとめ


Chatworkは、様々な企業におすすめのビジネス・チャットツールです。小規模事業者であれば、無料のフリープランでも連絡ツールとして十分に役立ちます。

操作がシンプルで使いやすいビジネス・チャットツールをお探しの事業者は、Chatworkの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳