「ビジネスチャンスを逃したくない!」そんな人のための名刺管理サービス

みなさんは、名刺を上手に“活用”できていますか?

もしかすると、「形式的に名刺交換を済ませて、ほとんどは顧みることがない」「名刺カードファイルにしまいこんで終わり」なんていう方もいるのではないでしょうか。

それは、非常にもったいないことです!

名刺交換の相手は、将来のビジネスパートナーになってくれるかもしれませんし、はたまた、大きな利益をもたらしてくれる潜在的な顧客かもしれません。

そこで今回は、名刺をビジネスチャンスにつなげるための名刺管理ツール「Sansan(サンサン)」を紹介したいと思います。

このツールは、スマートフォンのカメラでパシャリと撮れば、一瞬で名刺をデータ化できるすぐれもの。現在、多くの企業に注目を浴びています。

以下では、そんな「Sansan(サンサン)」の魅力に迫っていきます!「名刺をうまく活用できていない」「新規顧客を開拓していきたい」「法人向けのビジネスを展開したい」という方は、ぜひご一読ください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

 

「Sansan(サンサン)」の料金プランは?

基本的に「Sansan(サンサン)」の料金は、要お見積りとなっています。導入を検討している場合は、まずはサービスの提供元であるSansan株式会社名刺にお問い合わせください。

会社の規模に見合った最適なプランを提案してもらえるはずです。

中小・スタートアップ企業もお気軽にどうぞ。

エディション Lite Standard DX
特徴 名刺を管理・共有するプラン 名刺管理から働き方を変えるプラン データドリブンな働き方をじっせんするプラン
初期費用・運用支援費用・ライセンス費用(月額) 最適な価格・プランを提案 最適な価格・プランを提案 最適な価格・プランを提案
Sansanスキャナー(タブレット含む) 月額10,000円/台 月額10,000円/台 月額10,000円/台

 

「Sansan(サンサン)」の特徴を詳しく解説

年々、導入者数を増やしている「Sansan(サンサン)」ですが、この名刺管理サービスにはどのような魅力があるのでしょうか。以下で詳しくみていきましょう。

名刺を瞬時にデータ化して管理できる

まずはなんといっても、「スマートフォンのスキャンで名刺をその場でデータ化できる」という点が最大の特徴といえるでしょう。

「ちゃんと正確に名刺情報を記録してくれるのだろうか」と不安に思っている方もご安心ください。

精度99%を誇る高性能AIが名刺情報を読み取り、それを「Sansan(サンサン)」のオペレーターがしっかりと手入力を行ってくれます。

また「Sansan(サンサン)」はクラウドサービスであるため、名刺データは、PC・スマートフォン・タブレットなど、さまざまなデバイスを通じてすぐにアクセスすることができます。

つまり、あらゆる名刺をデータ化することで、ひとつの場所に集約できるわけです。

これでもう、名刺の整理場所に困ったり、どこにいったか探したりするような手間は必要なくなりますね。

名刺データに忘備録などのメモを添えることができる

データ化した名刺情報には、名刺交換時の参加者や内容を詳細に記録しておけるため、第三者にとって有益な備忘録として活用することもできます。

紙媒体の名刺にメモを書き込む人も多いですが、スペースがほとんどないため、メモ書きには限界がありますよね。

しかし「Sansan(サンサン)」の忘備録機能なら大丈夫。多くの人が目に触れやすく、かつ「走り書きの字だから読みにくい」ということもありません。

名刺を紛失するリスクをゼロに

大事な商談の直前に、相手の名刺を無くしてしまったことはありませんか?

またあるいは、「以前にお会いした〇〇です」というふうに相手から電話がかかってきたりしたことはありませんか?

そんなときにサッと相手の名刺情報を検索できるのが、「Sansan(サンサン)」の強みです。これでもう「あの名刺どこにいったかな……」とオロオロすることもなくなります。忘備録機能でより詳細なメモを残しておけるので、怖いものなしですね。

名刺取込サービス

有償オプションではありますが、別途で「名刺取込サービス」も用意しています。これは、名刺のスキャンを代行するサービスです、

すでに大量の名刺を抱えていて、それを一枚一枚スキャンするのが大変だという方におすすめですよ。

人のつながりを主軸としたデータベース構築

人と人とのつながりが、ビジネスを生む。

そんな発想のもと「Sansan(サンサン)」では、データ化した名刺情報から人々の“ヨコ”のつながりを分析し、独自にデータベースを構築することができます。

いうなれば「人物相関図」に近いものですね。このデータベースを参照すると、思わぬビジネスチャンスを見つけることができるかもしれません。

案件管理のツールとしても使える

「Sansan(サンサン)」は、案件の進捗を名刺情報と結びつけることで、案件を管理するツールとして活用できます。

またあるいは、「見込み客として期待できる」や「営業に対するリアクションが薄い」などのメモを添えることで、効率的に営業をかけていくこともできますね。

マーケティング機能

「Sansan(サンサン)」はデータベース化した名刺情報をもとに、メール配信する機能が用意されています。

個人名でメールを送付するため、開封率の向上にも大いに期待できるはずです。キャンペーンやイベントなどの案内にも役立ててみてはいかがでしょうか。

顧客の最新の会社情報がわかる

「Sansan(サンサン)」ではさまざまなニュースがリアルタイムで流れています。

日経テレコンやダイヤモンド社などから提供される「人事異動情報」も配信されているため、顧客の昇進・異動などの情報をすぐに仕入れることができます。

コンプライアンス機能も搭載

「名刺交換相手が、もしも反社会的勢力と関わりがあったら……?」

みなさんも、このような不安に駆られたことがあるのではないでしょうか。取引先相手をちゃんと選ばなければ、自社の評判をも落としかねません。

そんなときは「Sansan(サンサン)」におまかせください。

取得した名刺情報から、名刺交換相手が反社会的勢力と関わりがあるかどうかをチェックするオプション機能を提供しています。

まとめ

ファイルに死蔵されていた名刺を、ビジネスチャンスに変える。それが名刺管理サービス「Sansan(サンサン)」の魅力です。

名刺情報をデータ化し、クラウド上で一括管理。ユーザーはいつでもどこでも自由にアクセスすることができます。

高性能AIによる自動読み取り機能とオペレーターの手入力で、名刺情報の精度もばっちり保証。スマートフォンのカメラがあればすぐにデータ化できますよ。

「名刺をうまく活用できていない」「法人相手のビジネスをしたいが、どうすればいいかわからない」

こうした悩みをお持ちなら、まずは一度、「Sansan(サンサン)」を試してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳