企業経営を効率化しよう!おすすめのMAツール(BtoC)6選

Webサービスが発達した現在では、時間と手間がかかるマーケティング業務を自動化して効率的に行えるMA(マーケティング・オートメーション)ツールが数多く販売されています。

マーケティング業務を迅速かつ的確に行うことで業績アップや企業経営の効率化を図れるため、規模を問わず様々な企業がMAツールの導入を進めています。

今回はBtoCマーケティングにおすすめのMAツール6選をご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

MAツール(BtoC)とは


MA(マーケティング・オートメーション)ツールは、顧客を獲得するためのマーケティング活動を自動化するシステムのことです。MAツールには訪問者記録の分析やメール・マーケティングによって、集客や見込み顧客の発掘などをサポートする機能が搭載されています。

BtoCとは、商品やサービスを提供する企業と消費者間で行われる取引のことです。購入までの承認プロセスに時間がかかる企業間取引(BtoB)とは異なり、購買者が商品やサービスの購入を決定できるため、購買者の興味を引きつけることが重要になります。

MAツール(BtoC)を導入するメリット


ここからは、BtoC向けMAツールを導入するメリットを解説します。

1to1マーケティングを実現

BtoC向けMAツールは、顧客が求めている商品や、顧客の趣味・関心・行動などを個別に分析するOne to One(ワン トゥー ワン)マーケティングをサポートしてくれます。

顧客ごとに情報を分析してアプローチを行うには膨大な時間と人手がかかるので、MAツールを活用することで顧客ひとり一人に合わせたマーケティング活動をスピーディーに実行できます。

見込み顧客の可視化

BtoC向けMAツールは、サイト訪問者をニーズや特徴によってグループ分けして、見込み顧客を可視化できます。

例えば、訪問者の閲覧記録から興味のあるカテゴリーを推測し、セグメント(属性)別に分類することで的を絞った販促活動が行えます。

優良顧客の育成

BtoC向けMAツールには、適切なタイミングでコミュニケーションを行って優良顧客の育成を促す機能もあります。

訪問履歴やコンテンツのダウンロード情報などをもとに顧客のニーズを分析し、顧客が興味を示した商品の最新情報を提供して購入につなげることが可能です。

MAツール(BtoC)を導入する際の注意点


BtoC向けMAツールは企業対顧客間のマーケティング活動をサポートする便利なツールですが、導入にあたって注意すべき点があります。

近年は顧客が情報を受け取る経路が多様化しているため、最新情報を配信する手段がメールだけだと顧客に気づいてもらえない恐れがあります。

MAツールを選定する際は、メール配信機能だけでなく、スマートフォンアプリやLINE・InstagramなどのSNSと連携する機能を備えているか確認しましょう。

また、高度な機能を備えていても複雑なシステムは操作方法の習得に時間がかかります。扱える人材も限定されてしまうため、パソコンに詳しくない従業員でも簡単に操作できる製品を選ぶと良いでしょう。

MAツール(BtoC)の選定ポイント・選び方

最近はマーケティングに力を入れている企業が増えており、市場には様々なMAツールが提供されていますが、自社に適したツールを見つけるためにはどのような点に注目すれば良いのでしょうか。

ここからは、BtoC向けMAツールの選定ポイントについて解説していきます。

外部ツールとの連携

CRM(顧客関係管理)などの外部ツールと連携する機能があれば、より効果的なマーケティング活動が実施できます。

CRMは顧客と良好な関係を築いて、製品やサービスのリピーターを増やすことを目的としたシステムです。

顧客満足度を高めれば、配信メールの開封率やサイト訪問回数の増加が見込めるので、こうした外部ツールと連携可能な製品を選ぶと良いでしょう。

マルチチャネルへの対応

BtoC向けマーケティングは顧客ひとり一人に合わせたOne to Oneコミュニケーションが大切です。MAツールには、顧客のニーズに合わせたメール配信や、SNS・スマートフォン・アプリ内に表示されるプッシュ通知などのマルチチャネル・マーケティングに対応した製品が数多くあります。

幅広い経路で顧客にアプローチすれば集客の増加が期待できるので、メール配信機能だけでなくFacebookやLINEなどのSNSと連携が可能か確認しましょう。

おすすめのMAツール(BtoC)6選

ここからは、おすすめのMAツール(BtoC)6選をご紹介します。

初期費用などを公式サイトで公開していないサービスもあるので、詳しい料金プランを知りたい時は見積もりを依頼してみましょう。

サービス名 Marketo Engage Salesforce Marketing Cloud マーケティングオートメーション MAJIN
初期費用 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ 要問い合わせ 100,000円
無料トライアル

 

サービス名 b→dash Probance うちでのこづち
初期費用 要問い合わせ 500,000円~ 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ 180,000円~ 29,800円~
無料トライアル △(デモ体験のみ)

 

Marketo Engage


顧客エンゲージメント向上をコンセプトにした「Marketo Engage(マルケト エンゲージ)」は、Webサイトに訪問した匿名のユーザーを「見込み顧客」から「顧客」、そして「優良顧客」へ導くためのコミュニケーションをサポートするMAツールです。

全世界で約5,000社の導入実績があり、ユーザーコミュニティを通じた運用ノウハウの共有が盛んに行われています。日本でもは1,800名以上のユーザーが、「ユーザー会」や「オンラインコミュニティ」に参加しています。

Salesforce Marketing Cloud


「Salesforce Marketing Cloud(セールスフォース マーケティング クラウド)」は、メール配信だけでなく、LINEやTwitterなどのSNSを介して顧客が求めている情報を提供し、幅広いチャネルでのマーケティング活動をサポートします。

オフラインとオンラインで蓄積したデータから顧客の趣向や行動を把握して、顧客エンゲージメントの向上につなげることができます。

マーケティングオートメーション MAJIN


「マーケティングオートメーション MAJIN(マジン)」は、取得したデータから可視化した見込み顧客へ適切なアクションが取れるように支援するMAツールです。

ブラウザプッシュ通知やWeb広告、メール配信などのコミュニケーション方法を選択できるので、顧客ひとり一人に合わせたきめ細かなマーケティング活動が実現できます。

b→dash


「b→dash(ビーダッシュ)」は、ノープログラミングで顧客情報などのデータ活用ができるクラウド型データマーケティングツールです。

統合(ビジネスデータ連携・スコアリングなど)、活用(レコメンド・Web接客など)、分析(アナリティクス・BIなど)の各ステップで必要な機能がオールインワンで搭載されており、プログラミングの知識がない従業員でもデータを活用して分析や対策を行うことが可能です。

Probance


「Probance(プロバンス)」は、データ活用や分析に定評がある株式会社ブレインパッドが提供するBtoC向けのMAプラットフォームです。

ProbanceはAI技術を活用して顧客行動を予測し、購買ニーズが高まったタイミングでメッセージを通知することができます。

顧客を広告メールのストレスから解放し、必要な時に必要な商品の情報が届けられるため、顧客との良好な関係を維持して売上げ増加につなげることができるMAツールです。

うちでのこづち


「うちでのこづち」は、ECサイト特化型のMAツールです。分析した顧客データをもとにメール送信やアンケート実施などのマーケティング施策を実行できます。

日本国内の主要なECカートや基幹システムとの自動連携が可能で、独自開発システムにも対応しており、導入した日からCRMをスタートすることが可能です。

まとめ


BtoC向けMAツールを導入すると、顧客の趣向や行動などを分析して適切なタイミングでメール配信などのアクションが行えるようになります。

顧客ひとり一人に合わせたマーケティング施策を提案してくれる製品もあり、見込み顧客の発見に役立つだけでなく、優良顧客を育成することも可能です。

BtoC向けMAツールの導入を計画している事業者は、公式サイトから資料ダウンロードや無料トライアルなどを申し込んでみてはいかがでしょうか。

「創業手帳」から、日本初のリモートワーク専用ポータルサイト 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました。リモートワークの課題解決に役立つ有益な情報を無料でご覧いただけます! あわせてご活用ください。

関連記事
記事タイトル
記事タイトル

(編集:創業手帳編集部)