採用業務の改善が、理想の人材との出会いを実現する

問い合わせ対応、面接案内、採用通知など……多岐にわたる業務を受け持つ採用担当者のなかには、「応募者とコミュニケーションをとるための十分な時間がない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

「採用管理システム(ATS)」を導入すれば、採用業務の負担を大幅に軽減することができるかもしれません。

採用管理システム(ATS)は「Applicant Tracking System」の略で、「応募者追跡システム」のこと。

応募から採用までの業務をシステムで一元化して管理できるため、人事セクションの業務効率化に役立ちます。

そこで今回は、みなさんにおすすめの採用管理システム(ATS)の魅力を紹介しながら、導入するメリットなどを解説していきたいと思います。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

採用管理システム(ATS)を導入するメリット

採用管理システム(ATS)を導入することで、以下の3つのメリットを得ることができます。

採用関係の業務を一括管理

採用管理システム(ATS)を導入すると、求人情報の作成から募集まで、採用業務を一括で管理が可能に。業務効率の改善を大いに期待できるでしょう。

採用管理データを蓄積

部門間で応募者情報や採用ステータスを共有する採用管理システム(ATS)は、採用が成功したケースを分析したり、採用に関するノウハウを活用したりすることができます。

インバウンドリクルーティングの実現

「インバウンドリクルーティング」とは、企業サイドが発信するコンテンツを通して採用候補者を惹きつけることで、採用者と企業が良好な関係を築くための方法です。

理想とする人材を採用したいなら、インバウンドリクルーティングのできる採用管理システム(ATS)を積極的に活用しましょう。

採用管理システム(ATS)の選び方

自社に適した採用管理システム(ATS)を選ぶポイントは、主に以下の2つになります。

明確な導入目的

「自社の方針と採用者のミスマッチを避けたい」「応募者を増やしたい」「アルバイト・パート・新卒・中途採用など細かく属性を絞って採用したい」など、システムを導入する前には事前にはっきりとした目的を洗い出しておきましょう。

希望する応募者がサービスと連携可能か

LINEやチャットワークなど、自社が利用しているコミニケーションツールを応募者が使いこなせるかどうかも重要です。

もしも過去の採用履歴を振り返って「力仕事の得意な現場作業員はコンピューター操作の苦手な人が多い傾向がある」というのであれば、採用管理システム(ATS)はあまり向いていない可能性があります。

おすすめの採用管理システム(ATS)6選

0円からスタートできるツールもありますので、費用対効果に見合ったツールを選ぶとよいでしょう。

初期導入費 月額費用 無料トライアル
HRMOS採用 要お見積もり 要お見積もり ×
RPM 要お見積もり 要お見積もり
ジョブカン採用管理 0円~ 8,500~30,000円
SONAR(ソナー) 要お見積もり 要お見積もり
next≫(ネクスト) 100,000円 39,800円 要お見積もり
エアリーフレッシャーズクラウド 50,000円 12,500円

 

HRMOS(ハーモス)採用

「HRMOS(ハーモス)採用」は、採用業務を75%も削減を実現した実績を持つ採用管理システム(ATS)です。

提供元は株式会社ビズリーチ。採用活動を戦略的な採用活動を行うことができるクラウド型のツールで、採用情報の一括管理を効率的に行います。

RPM

「RPM(アールピーエム)」は、あらゆる種類の求人媒体と連携し、応募者の情報を一元化管理する採用管理システム(ATS)です。

このシステムを導入することで、企業側と応募者の間でしばしば起こるコミュニケーションのすれ違いを事前に防ぎ、目に見えない採用コストを削減します。

またその他にも、重複応募のチェックや面接スケジュールの作成を自動動化することも可能です。

ジョブカン採用管理

「ジョブカン採用管理」は、人事担当者の要望を取り入れた採用管理システム(ATS)。

操作方法がシンプルなため、コンピューター操作の苦手な人でも使いこなせるようになります。

事務作業やスケジュールの調整作業を大幅にカットすることで、よりクリエイティブな発想で採用プランを計画できるようになるかもしれません。

SONAR(ソナー)

「SONAR (ソナー)」は、新卒や中途採用などの様々な採用ニーズに対応するクラウド型の採用システム。

これまでに大手企業やベンチャー企業など800社以上の導入実績があるため、初めての採用管理システム(ATS)選びにおすすめできます。

Googleカレンダー、LINE公式アカウント、SmartHRなどの外部ツールと連携可能なのも魅力です。

next≫(ネクスト)

今の時代、大学生を含む多くの方はスマートフォンなどのタブレットを使用して企業の採用情報を検索します。

「next≫(ネクスト)」は、スマートフォンやタブレットの扱いに長けている若者を積極的に採用したい方におすすめの採用管理システム(ATS)。

採用説明会の周知や選考状況の報告などをLINEで行うことができるため、非常に便利です。

エアリーフレッシャーズクラウド

医療機関や大手企業など、全国で2,000社以上の機関が導入している「エアリーフレッシャーズクラウド」は、内定辞退者を防ぎたい方におすすめのシステム。新入社員の研修やOJT支援ツールとしても利用できるツールです。

まとめ

採用管理システム(ATS)は、求人情報の作成や応募を行うだけでなく、採用までのプロセスを全般的にフォローする便利なツールです。

応募者のメール対応や問い合わせ業務をシステムで一括管理するため、人事部門の負担を大幅に軽減することが可能となります。

採用管理システム(ATS)は非常にバリエーションが豊富ですので、大企業から中小・スタートアップ企業にも幅広くおすすめできます。

みなさんも、採用業務を改善して、よりよい“出会い”をクリエイティブしませんか?

気になる方は、ぜひ導入を検討してみてください。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳