コストカットと顧客獲得率向上を同時に実現するクラウド型サービス

「アポイント数がなかなか伸びない……」

「テレフォンアポインターの質にばらつきがある」

「チーム全体の営業力の底上げを図りたい」

このようなお悩みやご要望をお持ちなら、クラウド型のテレアポコールシステム「N-CALL(エヌコール)」を試してみてはいかがでしょうか。

アウトバンド(発信業務)に特化した「N-CALL(エヌコール)」は、新人育成はもちろんのこと、すぐれた成果を出しているアポインターのビジネストークをチーム全体で共有し、組織の底上げを図ることが期待できます。

以下では、NSSホールディングス株式会社が提供する「N-CALL(エヌコール)」の特徴や料金プランについて解説していきますので、現状のテレアポ業務に課題を抱えている方は、ぜひご一読ください。

起業家に有益な情報を徹底してお届けする「創業手帳」から、日本初のリモートワーク導入・改善のためのガイドブック 「リモートワーク手帳(無料)」 が創刊されました!リモートワーク環境での課題を解決に導いてくれる有益な情報を無料でご確認いただけます。あわせてご活用ください。

事業承継手帳

「N-CALL(エヌコール)」の5つの特徴

さっそく「N-CALL(エヌコール)」のすぐれた特徴をみていきましょう。

シンプルで使いやすい操作画面

「N-CALL(エヌコール)」はパソコン操作が苦手な方でも大丈夫。誰でもカンタンに使えるよう工夫されたシンプルな操作画面が特徴です。

システムの習熟に要する時間を大幅にカットできるため、新人育成の効率向上に貢献します。

電話の掛け間違いを防ぐ「自動発信」機能

大量の顧客に電話を発信するコールセンターにおいて、“電話の掛け間違い”はけっして珍しい光景ではありませんが、業務効率を考えると、「電話番号の手入力」は見直していくべきでしょう。

「N-CALL(エヌコール)」は、社内で管理している顧客リストから自動で発信する仕組みになっています。

誤発信を防止するだけでなく、オペレーターがわざわざ電話番号を入力する手間を省けるため、一石二鳥ですね。

「ストイックにアポイント数を増やしていきたい」「電話番号を入力する時間すらムダに感じる」という企業におすすめです。

「同時発信機能」で待ち時間を大幅にカット

「N-CALL(エヌコール)」は、1人のオペレーターが最大5カ所に同時発信することができます。

電話に出てくれた相手に瞬時につながるため、「着信待ち」のタイムロスを大幅にカット。オペレーター一人ひとりの業務効率もかなり改善されることでしょう。

顧客に合った最適なアプローチが可能

成績のよくないアポインターには、しばしば「相手が電話に出てから営業トークのアプローチを考える」という傾向が見られます。

しかし、ダッシュボードで詳細な顧客情報を確認できる「N-CALL(エヌコール)」なら、発信する前から顧客の人となりを把握することができるため、適切なアプローチ方法を講じることが可能となります。

設備投資コストを削減できる

クラウド型サービスの「N-CALL(エヌコール)」は、パソコンとネット環境さえあれば、すぐに本格的なコールセンターを開設できます。

余計な設備投資は一切不要!限りなくコストを抑えることができるため、「コールセンターを増設したい」という企業にもおすすめです。

秒課金型の回線サービス「N-LINE(エヌライン)」でさらにオトクに

もしも現在、「3分課金型」の回線契約を結んでいるなら、秒課金型の回線サービス「N-LINE(エヌライン)」がおすすめです。

「N-LINE(エヌライン)」は、「N-CALL(エヌコール)」と同じ提供元であるNSSホールディングス株式会社が行っているサービス。

「実際に発生した通話分のみの課金」を実現することで、これまでにかかっていた回線コストを大幅に削減できます。

「N-LINE(エヌライン)」は初期費用が4,000円必要で、細かな料金については要お見積りとなっています。

「N-CALL(エヌコール)」の料金プラン

初期費用 無料
通常プラン 4,000円~/1ブース
プレディクティブプラン 8,000円~/1ブース

導入を検討しているなら、まずは無料トライアル版から試してみましょう。

まとめ

「N-CALL(エヌコール)」は、安い・カンタン操作・高機能の三拍子が揃ったクラウド型のテレアポコールシステム。

パソコンとネット環境さえあれば、すぐに稼働できるため、余計な設備投資は一切不要。

通話した分だけ料金が発生する「N-LINE(エヌライン)」との相乗効果で、大幅なコストカットを期待することができます。

事業規模の大きい企業はもちろん、「はじめてコールセンターを開設する」「新人を効率よく育成したい」という中小・スタートアップ企業にもおすすめです。

まずはぜひ、無料トライアル版から試してみてはいかがでしょうか。

「リモートワーク手帳(無料)」 では、リモートワーク環境で役立つツールや改善ノウハウ、使える制度などを解説しています。仕事のオンライン化に対応するために、ぜひご活用ください。

事業承継手帳