X-point Cloud (エクスポイントクラウド)

画像引用元:「X-point Cloud」公式サイト

X-point Cloud(エクスポイントクラウド)はクラウド型ワークフローシステムで社内業務効率化のためのツールです
Saas(※) 型ワークフロー市場ベンダー別売上金額推移5年連続 No.1
低価格で導入でき、生産性を向上させます

※SaaS…Software as a Service(「サース」または「サーズ」)とは、ソフトウェアを利用者(クライアント)側に導入するのではなく、提供者(サーバー)側で稼働しているソフトウェアを、インターネット等のネットワーク経由で、利用者がサービスとして利用する状況を指します

<サービスの特徴>
●紙のようなフォーム設定
 ①これまで利用してきた帳票形式をWeb画面上でそのまま表現できます
 ②フォーム作成ツールにより、従来の書式に合わせてフォームを用意できます
 ③豊富な入力支援機能が用意されており、プログラム開発が不要です
●スピーディーな承認
 ①承認依頼の通知が届くため、承認漏れ防止が可能です
 ②スマートフォンやタブレット表示対応です
 ③ワンクリックで承認可能です
 ④代理承認機能により上長不在でも承認が遅延しません
●グループウェアをシステム連携することでさらにワークフローが強化でき、組織間の情報共有活性化につながります
●クライアント証明書サービスの導入により、接続できる端末を限定することができ、安全性を確保することができます
●紙のようなフォームをノンプログラミングで作成できます
●これまで利用していた紙の申請書イメージがそのままWebフォームで利用できます

<主な機能>
●基本的な使い方
 ①申請書をかんたん作成
 ②スピーディーな承認機能
 ③多彩な検索機能
 ④分析に活用できる集計機能
●1000以上のサンプルフォーム集
●承認ルート設定などのワークフロー活用
●グループウェア、外部システム連携

<料金>
●スタンダードプラン:初期費用14万円、月額費用500円×ユーザー数
●プリペイドプラン:初期費用14万円+475円×ユーザー数×12(年間契約&費用)

<編集部のおすすめポイント>
組織の業務効率化や営業活動の 改善に課題を持っている方々にお勧めです。ワークフローを活用・体験できるセミナーを開催しているので本導入前にしっかりとツールを把握することができます。

資料請求はこちら

X-point Cloud (エクスポイントクラウド)

提供会社

この記事のタグに関連する情報

資料請求はこちら