特権ID管理ソリューション iDoperation

Administratorやrootなど「特権IDを誰が使うのか」を適正に管理する製品です。
6年連続シェアNo.1(富士キメラ総2014~2019ネットワークセキュリティビジネス調査総覧)
本製品が管理台帳となり特権ID・特権ユーザ・権限を簡単に把握できます。

<サービスの特徴>
●特権ID・特権ユーザ・権限を見える化します
●パスワード変更やアカウント突合せを自動化します
●特権IDの貸出/報告ワークフロー(※1)を提供します
●承認に基づき特権IDを一時的に貸出します
●ターゲット(管理する対象のシステムの事)からアクセスログを収集し自動点検します
●特権ユーザの操作を動画で記録できます

<主な機能>
●アカウント管理
①特権IDを取り込む事で特権IDや特権ユーザ、利用権限を見える化します
●貸出
①ワークフローで特権IDの利用申請を受付、承認により貸出します
②承認期間を過ぎると自動的に貸出しが終了します
●レポート一覧
●利用点検
①ターゲットから直接アクセスログを収集し、ログと申請情報を突合せます
②申請のないアクセスを検出するためレポートを確認して不正アクセスを発見できます
●必要ソフト
①管理サーバは管理画面やID管理ログ収集の為に「iDoperation Server」操作記録動画を保管する為に「iDoperation SC Server」が必要です
②利用PCは特権IDを利用する為に「iDoperation Client」操作記録を取得する為に「iDoperation SC Agent」が必要です

●ターゲット管理
●外部連携機能
①外部ワークフローシステムで出力されたCSVや標準サポートされていないアクセスログ、外部の操作ログ記録製品のテキストログも取り込む事が出来ます

<料金>
●問合せフォームから都度見積りが必要です

<編集部のおすすめポイント>
大企業は勿論、派遣や協力会社の方が頻繁に出入りする職種や重要情報を扱う会社には打ってつけの製品だと思います。シェアから見ても信頼度はお墨付きでしょう

画像引用元:「NTTテクノクロス株式会社」公式サイト

資料請求はこちら

特権ID管理ソリューション iDoperation

提供会社

この記事のタグに関連する情報

資料請求はこちら