LINE BRAIN OCR

CLOVA OCRは、書類・画像に記載された文字・文章をテキストデータへ変換するサービスです。
手書き文字、斜めになった文字、歪んだ文字でも高い認識精度を発揮します。
国際会議ICDARでは世界No.1の認識精度を誇り多くの企業や行政のサービスが導入しています。

<サービスの特徴>
●事前設定が不要!分類機能の精度が高い
①従来のAI-OCRでは、事前に手作業でフォーマット設定するなど、煩わしい事前設定が必要でした。しかし、特化型のCLOVA OCRは認識した文字や値の文字検出や認識のみならず、項目分類まで対応します。
●認識精度が高い
①読み取るだけで自動解析・認識し、テキストデータ化することができます。
●契約者のアカウントから複数の呼び出しURLの発行が可能

<主な機能>
●定型フォームOCR
①レイアウトが一定である発注書・請求書・アンケートのレイアウトをあらかじめ設定でき、帳票を読み込むと指定した項目をテキスト化します。
●非定型フォームOCR
①事前登録することなく、画像上にある単語や文章を読み込みテキスト化することができます。
●LINE eKYC※でのオンライン本人確認
①「CLOVA Face(顔認識)」と組み合わせる事によってオンライン上で本人確認ができます。
②身分証と自撮りの画像を送るだけなので、手続き時間の短縮・コストダウン・審査品質の安定化が期待できます。

<料金>
●Free 無料/月(300枚まで)
●Bacic 1,500/月(1,500枚まで)
●Standerd 15.000/月(15,000枚まで)
●Advanced 50.000/月(50,000枚まで)

<編集部のおすすめポイント>
LINE CLOVER OCRは読み取り精度が非常に高い為、大幅に人的な入力作業を削減できます。
操作性が良く誰でも簡単に使えるOCRが、導入しやすい安価な価格で使用可能。
「CLOVA Face(顔認識)」と組み合わせることで、オンラインで本人確認ができるので、多くの金融企業でも採用されています。

画像引用元:「LINE BRAIN OCR」公式サイト

資料請求はこちら

LINE BRAIN OCR

提供会社
LINE株式会社

この記事のタグに関連する情報

資料請求はこちら